web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

薪部1周年

考えてみると1年前になります。

1年前は初めてづくしで張り切りすぎてバテバテでしたが、1年たつとそれぞれが何をすべきか、何から始めればいいかわかっているので、作業は淡々と進みます。
P1050635.jpg
1年前と比べると今日は参加者が少なく、我が家と西脇支部長のSやん。
P1050638.jpg

P1050636.jpg
私は、先月割ってくれていた薪の積み上げ作業。




P1050639.jpg
途中から専務も加わり
P1050641.jpg
チェーンソーを斧に持ち替え作業は続きます。




P1050645.jpg
割った薪はすぐに積み上ず置いておくと

P1050647.jpg
山の中なので、地面との設置面にカビが生えたり虫が発生してせっかくの薪がきれいな薪になりません。
P1050648.jpg


P1050646.jpg
今月2回目実施用に、玉切りした物を少し残しておきましょう。
新しい人が来られて割る薪がないのは寂しいですからね。

こうして何度かの休憩を挟み
P1050643.jpg
予定の4時頃まで頑張りました~



以前nagaさんが作ってくれた看板に
P1050644.jpg
1周年の記念の日にやっと文字が入りました。
「薪の工房」は西脇支部長提案です。



薪部も回を重ねて1周年。
今日の様に暑い日も雪の降り積もった寒い日もありました。

作業を始めると暑くて、寒くて・・・

でも嫌だと思った事がないんです。


それは冬の薪ストーブの暖かさを、優しさを味わう為の作業だからです。

薪ストーブは決して「おしゃれな飾り」や「ステータス」ではなく、「暖」をとる手段の一つです。


我が家はエアコンもファンヒーターもなく「薪」を作らなければ冬の寒さを過ごせないんです。




だから暑い夏に色んな虫にも遭遇しながら「薪を作る」「薪を運ぶ、積み上げる」作業が必要であり当たり前のことなんです。

暑いから、寒いから、しんどいからと言っていられないんです。

そしてこの「薪作り」の場を提供してくださっている「風の工房」さんに改めて感謝して、これからもせっせと冬の日のために励みます。





おまけの写真
いつもなら空っぽの池。梅雨の雨が山からの湧き水として水を湛えていました。
P1050633.jpg
とても冷たいのでこちらに来る前に道の駅「おばあちゃんの里」で朝取りきゅうりを買い、
P1050634.jpg
浸けておきました(小石で押さえた光る部分がビニルに入ったそれ)
お昼に食べましたが、新鮮さとちょっと冷えたかげんは汗をかいた身体を元気にしてくれました。



P1050632.jpg
ねじ花 (本社展示場のこだま館で)
天羽母さんのブログに時々登場。不思議な花と思っていましたが、実物は初めてです。
茎に絡みつくように花がついていて、本当に不思議な花でした。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

黒ねこ時計 くろック
プロフィール

Bessの母さん

Author:Bessの母さん
父さんと母さん(主に父さんが)が色々な物を手作りしたり、地球に優しい暮らし方を工夫して楽しんでいます。

2010年7月5日に星になったBess。
2011年9月11日に縁あってはなが家族になりました。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
読書カレンダー
Powered By ソーシャルライブラリー
QRコード
QR
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。